容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

洋菓子を知りたいと妹が言うので

  1. 2011/09/02(金) 22:24:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
洋菓子について、私なりに色々調べてみると驚愕の事実が!

www.bbs.bhjzw.comのユーザー[gfjh4564]
www.jzkzb.comのユーザー[searchedison]


Q自己PRが見つかりません・・・就職活動を控えた、公立大学に通う大学三年生です。就職活動のことを考えると不安でいっぱいです。 というのも、私はサークルにも属しておらず、今までボランティア等をした経験もありません。唯一続けていることと言えば、大学1年の時から始めた洋菓子屋のアルバイト(接客)くらいです。そのアルバイトも、ただ淡々と続けているだけで、特にこれを成し遂げたということもありません。エントリーシートや履歴書などに「大学時代に力を入れたこと、頑張ったこと」という欄がありますよね?私はそこに書けるような自分をアピールできることがありません。持っている資格もFP3級(この夏2級を受けます)と、秋に日商簿記2級を受けるくらいしかありません。この夏に何かしようと思ってボランティア等探しているのですが、もしこのまま夏に何もしなければ自分はどうなってしまうのかと不安でいっぱいです。もちろん、企業研究や自己分析には今から取り組みます。就職活動を控えた最後の夏、どのように過ごしたらよいのでしょうか?今からでも何か自分をアピールできるような経験をすべきですか?悩んでいるだけ時間が無駄なことはわかっています。しかし先輩との繋がりもないため、就職活動の話を聞く機会もありません。何かアドバイスをお願いします。
A就職活動を終えた大学4回生のものです。大丈夫ですよ!学生時代はアルバイトしかしていないし、資格は運転免許だけ!という人は私の周りにたくさんいますけど、結構みんなどこかしら内定もらってます(^^)それはきっと、「頑張ったこと」は、特別な経験である必要はないからなんだと思います。私の周りの友人も、大抵「力を入れたこと」のネタは、サークル/ゼミ/アルバイトのどれかでした。私も例によってサークル・バイトの2本立てでした(^^;)笑(バイトに関しては、私はシフト貢献率も低く、あまり頑張ったとはいえないにも関わらず、「頑張ったこと」として言ってました・・・笑)トピ主さんは、1回生からバイトを続けているので、アルバイトで充分アピールできると思いますよ!淡々と続けただけだと思っていても、3年間もアルバイトを続けてきたのなら、その中で頑張ったことって何かしら絶対あると思います。例えば、お客様のどんな質問に答えられるように、すべての商品に関する知識をつけたとか。閉店後に廃棄するケーキの量を少なくしたかったから、閉店前には店の外にでて呼び込みを行ったとか。新人アルバイトの子が仕事を早く覚えられるように、仕事のやり方ノートに書いて渡したとか。そういう小さいことでいいんです。(ちなみにこれは、全部私の友人のネタです。笑)「アルバイトで、こういうことをしたな」という思い出をベースに、・なんでこういう行動をとったんだろう?・その結果お店やお客さんにどういう変化をもたらしたんだろう?ということを考えていって、それをうまく文章にまとめることができれば、立派な「頑張ったこと」ネタが出来上がります。(こういう風に、思い出を振り返るのも自己分析の一環です。)(ちなみに、1を10にするのは大抵皆やってますが、やっていないことをやったと言うのはやめた方がいいです。人事の方って、人を見るプロなので、学生の嘘なんかすぐにばれちゃいます。)それと、ボランティアをするつもりだとのことですが、もし質問主さんが、「就活のため」に無理矢理ボランティアをやろうとしているのなら、やらない方がいいかも知れません。面接で「3年の夏にボランティアやりました」という話をしたら、きっと「何でそれをしようと思ったの?」と聞かれます。それに対して、しっかりと答えられるならボランティアをやったらいいと思いますが、「就活のネタづくり」としか答えられないようなら、やめといたほうがいいと思います。人事の方も、きっと「きちんとした目的をもってボランティアをした」のか「就活のネタづくりのためにボランティアをした」のか、多分すぐに分かります。(私も、就活のネタづくりに少しボランティアをやりましたが、純粋な気持ちで頑張ったわけではなかったので、やっぱりボランティアネタは面接で上手く話せませんでした。)ちなみに、夏休みは、自己分析を始めたりインターンシップにちょこちょこ参加するくらいで大丈夫だと思いますよ!まだ3回の夏なんだから、普通に遊びに行ったり旅行に行ったりしたらいいと思います。今まで何をしてきたのか、自分はどんな人なのか、これから何をしたいのかを考えはじめることは大切ですが、あまり最初から就活のことを意識しすぎてしまうと、選考が始まる頃には息切れしちゃいます。ただの就活経験者が、なんか偉そうな言い方してすみません(>_<)でも、私自身、3回の夏から就活のことを必要以上に意識して遊ぶのを控えて就職活動をしていたのですが、その反動で3月ごろに「もう疲れた。やめたい。」という気持ちになって、大事な時期に1ヶ月くらい就活を放棄してしまう結果になってしまったので、質問主さんには私のようなことになってほしくないという思いがあり、書かせていただきました。でも、就職活動のやり方は人それぞれ合う合わないがあるので、質問主さんに合ったやり方でやれば良いと思います!長くてわけの分からない文章になってしまいましたが・・・就職活動、頑張ってくださいね!☆
Webサービス by Yahoo! JAPAN

還暦ペコちゃん 神楽坂のアイドル - 東京新聞

還暦ペコちゃん 神楽坂のアイドル
東京新聞
不二家といえば洋菓子だが、全国でここだけの別のペコちゃんがいる。いまやまちを代表する観光みやげに至ったが、苦難の時代もあった。 記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊または、携帯電話の有料会員サービス「東京新聞・東中スポ」をご利用ください。 ...

and more »


★デパ地下で働かれている方・働かれていた方★
デパ地下の洋菓子や和菓子売り場で働いた経験のある方や働かれている方にご回答をお願いしたいです。 私は女性です。 私自身も学校を出た後、和菓子屋さんで働いていたのですが、...


スイーツベンダー 洋菓子店の新戦略 看板自販機




洋菓子の徹底研究

  1. 2011/09/02(金) 22:24:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
洋菓子に関する番組が去年の年末にあって、それから妙に気になってしかたないんだよね。どうせなら、とことこん追及してみるってのがいいのかも!とおもってめっちゃ調べちゃったよ!

www.millersjoy.comのユーザー[hgfkhgk45644]
www.ubait.netのユーザー[0f2d8c]


Q自己PRが見つかりません・・・就職活動を控えた、公立大学に通う大学三年生です。就職活動のことを考えると不安でいっぱいです。 というのも、私はサークルにも属しておらず、今までボランティア等をした経験もありません。唯一続けていることと言えば、大学1年の時から始めた洋菓子屋のアルバイト(接客)くらいです。そのアルバイトも、ただ淡々と続けているだけで、特にこれを成し遂げたということもありません。エントリーシートや履歴書などに「大学時代に力を入れたこと、頑張ったこと」という欄がありますよね?私はそこに書けるような自分をアピールできることがありません。持っている資格もFP3級(この夏2級を受けます)と、秋に日商簿記2級を受けるくらいしかありません。この夏に何かしようと思ってボランティア等探しているのですが、もしこのまま夏に何もしなければ自分はどうなってしまうのかと不安でいっぱいです。もちろん、企業研究や自己分析には今から取り組みます。就職活動を控えた最後の夏、どのように過ごしたらよいのでしょうか?今からでも何か自分をアピールできるような経験をすべきですか?悩んでいるだけ時間が無駄なことはわかっています。しかし先輩との繋がりもないため、就職活動の話を聞く機会もありません。何かアドバイスをお願いします。
A就職活動を終えた大学4回生のものです。大丈夫ですよ!学生時代はアルバイトしかしていないし、資格は運転免許だけ!という人は私の周りにたくさんいますけど、結構みんなどこかしら内定もらってます(^^)それはきっと、「頑張ったこと」は、特別な経験である必要はないからなんだと思います。私の周りの友人も、大抵「力を入れたこと」のネタは、サークル/ゼミ/アルバイトのどれかでした。私も例によってサークル・バイトの2本立てでした(^^;)笑(バイトに関しては、私はシフト貢献率も低く、あまり頑張ったとはいえないにも関わらず、「頑張ったこと」として言ってました・・・笑)トピ主さんは、1回生からバイトを続けているので、アルバイトで充分アピールできると思いますよ!淡々と続けただけだと思っていても、3年間もアルバイトを続けてきたのなら、その中で頑張ったことって何かしら絶対あると思います。例えば、お客様のどんな質問に答えられるように、すべての商品に関する知識をつけたとか。閉店後に廃棄するケーキの量を少なくしたかったから、閉店前には店の外にでて呼び込みを行ったとか。新人アルバイトの子が仕事を早く覚えられるように、仕事のやり方ノートに書いて渡したとか。そういう小さいことでいいんです。(ちなみにこれは、全部私の友人のネタです。笑)「アルバイトで、こういうことをしたな」という思い出をベースに、・なんでこういう行動をとったんだろう?・その結果お店やお客さんにどういう変化をもたらしたんだろう?ということを考えていって、それをうまく文章にまとめることができれば、立派な「頑張ったこと」ネタが出来上がります。(こういう風に、思い出を振り返るのも自己分析の一環です。)(ちなみに、1を10にするのは大抵皆やってますが、やっていないことをやったと言うのはやめた方がいいです。人事の方って、人を見るプロなので、学生の嘘なんかすぐにばれちゃいます。)それと、ボランティアをするつもりだとのことですが、もし質問主さんが、「就活のため」に無理矢理ボランティアをやろうとしているのなら、やらない方がいいかも知れません。面接で「3年の夏にボランティアやりました」という話をしたら、きっと「何でそれをしようと思ったの?」と聞かれます。それに対して、しっかりと答えられるならボランティアをやったらいいと思いますが、「就活のネタづくり」としか答えられないようなら、やめといたほうがいいと思います。人事の方も、きっと「きちんとした目的をもってボランティアをした」のか「就活のネタづくりのためにボランティアをした」のか、多分すぐに分かります。(私も、就活のネタづくりに少しボランティアをやりましたが、純粋な気持ちで頑張ったわけではなかったので、やっぱりボランティアネタは面接で上手く話せませんでした。)ちなみに、夏休みは、自己分析を始めたりインターンシップにちょこちょこ参加するくらいで大丈夫だと思いますよ!まだ3回の夏なんだから、普通に遊びに行ったり旅行に行ったりしたらいいと思います。今まで何をしてきたのか、自分はどんな人なのか、これから何をしたいのかを考えはじめることは大切ですが、あまり最初から就活のことを意識しすぎてしまうと、選考が始まる頃には息切れしちゃいます。ただの就活経験者が、なんか偉そうな言い方してすみません(>_<)でも、私自身、3回の夏から就活のことを必要以上に意識して遊ぶのを控えて就職活動をしていたのですが、その反動で3月ごろに「もう疲れた。やめたい。」という気持ちになって、大事な時期に1ヶ月くらい就活を放棄してしまう結果になってしまったので、質問主さんには私のようなことになってほしくないという思いがあり、書かせていただきました。でも、就職活動のやり方は人それぞれ合う合わないがあるので、質問主さんに合ったやり方でやれば良いと思います!長くてわけの分からない文章になってしまいましたが・・・就職活動、頑張ってくださいね!☆
Webサービス by Yahoo! JAPAN

生徒がレシピ考案 宇短大付とコボリ 焼き菓子共同開発 - 下野新聞

下野新聞

生徒がレシピ考案 宇短大付とコボリ 焼き菓子共同開発
下野新聞
宇都宮短大付高生活教養科とコボリ洋菓子店(宇都宮市滝谷町、小堀正弘社長)は、県産イチゴを使った焼き菓子「フィナンシェ・ルージュ」を共同開発し、1日に販売を始めた。 レシピは同科の生徒から募集した225点から選ばれた。小麦粉、卵、砂糖を混ぜた生地にバター ...



九段下付近で楽しめる場所を教えて下さい。
今週月曜日に靖国神社に行きます。 午前中から行くので、午後その辺りで女二人で楽しめる場所はないでしょうか? 私は東京出身ですが、靖国神社に行くのは初めてです。 いつも新宿とか池


【経済復興】宮城県多賀城市 洋菓子店ピュイダムール




DTIブログって?